スポーツ選手

イチローがメジャー通算3000本安打の記録を達成!それでも嫌われるのはなぜ?

投稿日:2016-08-08 更新日:

2016年8月7日(日本時間8日)、マーリンズのイチロー選手がメジャー通算3000本安打を達成しました。仲間やファンから祝福を受け、サングラスの奥には光るものが見えたという事です。本当に凄い事を成し遂げましたね。

イチローが凄いわけ

イチロー

まだイチローが鈴木一朗だった頃、まだほっぺが赤い感じでw笑顔の可愛いイチローを見によくオリックスの試合観戦に行っていました。その時一緒に行っていた人が「鈴木一朗は絶対凄い事になる!必ず日本だけじゃなく海外で活躍する選手になる!」と言っていましたが、私はルールもさほど分からず観に行っていたので、「へ~~~」と生返事をしていたことを思い出します。何を見て、イチローのどこを見てそう思っていたのでしょうか?でも本当にそうなりました。

イチローが小さい頃、お父さんと二人三脚で毎日毎日真っ暗になるまで練習をしていたのは有名な話ですよね。インタビューなどで話す感じを聞いてもかなりストイックな練習をしてきているんだろうなと思います。イチローは大変そうにはいいませんが、「目標に向かって努力すること」が好きだと言うだけあって本当に努力家です。私が凄いなと思うのはそのストイックで努力の練習をずっと、ずっと続けていることです。練習内容はきっとその時その時で内容は変わっているのだろうし、そこまでの事は分かりませんが、毎日同じことを努力し続けるとこは並大抵ではありません。人はつい楽な方へ流されてしまいます、できない理由を考えるのは簡単です。忙しいから・疲れているから・時間がないから・明日から・ゆっくりしたいから・・・。理由なんてどんどん浮かんできます(汗)でも、イチローは許す時間のほとんど全部を野球の為に使ってきました、それこそ偉業だと思います。

3000本まであと2本となっていた時に、テレビで1本目からのヒットを放送していました。それはもう時間がかかるんです、100本、200本・・・、こんなにも凄い数なんだと見ていてしみじみ感じました。綺麗なヒットだし、足は速いし、ゴロ?と思うような時でも必死で1塁ベースを目指して走るイチローを見ていると涙が出そうになりました、どんな練習、どんな努力を続けてきたのかと・・・。

 

イチローが嫌われるのはなぜ?

そんなイチローですが「嫌い」とネットなどで書かれていますがどんなところが「嫌い」なんでしょうか?どんなことが書かれているのか見てみると

・偉そう
・物事を難しく言う
・上からものを言う
・気取っている
・マスコミへの対応が悪い
・自信過剰

などが多かったです、でもどれを見ても抽象的だし「人それぞれ」な事ですよね。偉そうというか、確かに難しく言ってるように感じる時もありますがイチローはもはや普通の人っていう感覚ではない気がします。なんか超越した感じ?!じゃないですか、今までやってきた自分の努力に自信を持っていると思いますし、実際結果としても出ています。結果もなしに上から物を言っていたりすると残念な感じですが、それは絶対しない人だと思いますあれだけ凄いと誰かから嫌われることもありますよね。「凄すぎて嫌い」自分が至らない事を実感するから・・・、そんな動画がありました、結局はそういう事なのかもしれないですね、自分の甘さが表ざたになる(汗)ような。思い知らされてしまうのかもしれません、どんなにいい人でも悪いと思われている人でも、好き嫌いはそれぞれの感覚ですから・・・。

 

イチローはお茶目なところがあるんです

昔は、にこにこしてインタビューを受けたりしていたんですよ。元々はお茶目でユーモアがあったりするんです、私は笑顔が印象的と思ってましたから。イチローと言えばTシャツ!と言われる方も多いと思いますが面白いメッセージTシャツを毎日着て何気に?いえ分かりやすく面白いなって思わせてくれますよね。それに海外でチームメイトとあんなに馴染んでいけないと思います。今回の3000本も「チームメイトが喜んでくれることが嬉しいんだと分かった」と、チームメイトを想った発言もありました。イチローは個人プレーのようなことも言われていましたが、チームの中でチームを想ってチームの一員になっているイチローは本当に凄いです。チームメイトと楽しそうに笑っている姿もいいですよね。

打ち続けて走り続けるイチローを見ていると「諦めない」ことの大切さをひしひしと感じました、イチローはこれからどこに向かうのでしょうか?きっとまだ進化していくイチローのこれからを楽しみにしたいです。

Sponsored Link

-スポーツ選手

Copyright© maneebright365 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.